忍者ブログ
私を囲んでくれてる 景色*食べ物*雑貨など・・・色々なお話
[366]  [365]  [363]  [362]  [361]  [360]  [355]  [354]  [357]  [356]  [359
Thu 21 , 17:50:49
2017/09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Sat 24 , 00:00:05
2009/10
RIMG0103.jpg




































いつものごとく ウチは思いつくと突然お出かけな時がございます。

今回の突撃先は「深大寺」!

そう。しっかりと東京でありながら「蕎麦」が売りのその土地には

小学生や地域の方の作られている 小さいながらこんな蕎麦畑の景色が味わえました。


7f9f6de8.jpeg
























実は憧れながらも初めて訪れた深大寺。
山門沿いや前には数十件ものお蕎麦屋さんが並んでました。

へぇ~~~~ こんなに並んでるものなんだ!
 
でも何故に蕎麦!??と思ったら一説によると、
周辺の土地は米よりそばの生産に向いていたため、
農家は米の代わりにそばを栽培して寺に納め、
そして寺はそれを蕎麦にしてお客にふるまっていたそうです。

f13da149.jpeg



























正座が苦手なので ついお外の椅子席で食してしまいました。

うちはたまたま2人共硬めの「藪そば」好みですので、
残念ながら感動は少なかったものの、
おそらく「更級系」がお好みの方は
とてもご満足いくのではないかと思います。

f9dcba7e.jpeg













お蕎麦の他にも 蕎麦まんじうや すもも飴など スィ~ツも!

「美味しい蕎麦はないかぇ~ 美味しい蕎麦は何処かぇ~」
うちはついついお蕎麦のハシゴ!
腹ごなしに調布の駅まで小1時間お散歩です。


秋は栗!そして柿やキノコなど色々収穫の時期ですが
新蕎麦の季節でもございます。
「武蔵野うどん」も有名ですが、関東の蕎麦も香り高い季節です♪


深大寺は調布駅や布田駅からバスで15分ぐらい。
だるまでも有名なお寺のHPはこちら→HP
そばには大きな植物園もあり 緑が楽しめます。

更科蕎麦好きさんは深大寺へGO!

PR
COMMENT
name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

[secret_check]
無題
お蕎麦もおいしいねー
我が家はおかんがうどん派なため、実は子供の頃は
あまり食べる機会がなかったのです…
おとんは蕎麦派ですがね

今日、たまたまザクロの話になって、
おとんにどんな味か聞いたら、ひと言
「酸いっ!」でしたわ(笑)
NORIWORKS URL 2009/10/24(Sat)22:56:20 edit
Re:NORIちゃん♪
私も数年前までは饂飩派だった!
稲庭やもっちもちの関西の饂飩が好きなんだ♪

でも・・・お年頃なのかしら?
ここ数年 お蕎麦の良さがわかって、「江戸の粋」ってヤツなのかな~なんて
思いはじめちゃいました。年って怖いわ~^^

ざくろ。え~~!?おとん様お嫌いでしたか?
うちの母は食べるのが面倒って言ってたけど^^;
でも1度はやっぱり経験される事をお勧めしちゃうわ~
「グレナデンシロップ」とはなんかまた違う気がするのよね~
【2009/10/25 21:19/AKI 】
東京って…なんだ
東京って…なんだろう…?
BlogPetのALEX URL 2009/10/25(Sun)15:08:14 edit
TRACKBACK
Trackback:
<お願い>
※ 文章・写真の無断ダウンロードはお断りしてます。 ご希望の方はコメントにてご連絡お願いいたします。
☆今の温度☆
How many degrees is Tokyo now?
文字の所をポチっとすると、 温度にあった猫ポーズと、時間が判ります
What day is it today?
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
エコエコ
最新コメント
[06/12 AKI]
[06/11 たびねこ]
[06/11 AKI]
[06/09 NORIWORKS]
[05/14 AKI]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
AKI
性別:
非公開
カウンター
お散歩ブログ (c)AKI
template design by nyao
忍者ブログ [PR]